FXイメージ

FXは断然パソコンの取引が安全

最近では、FX取引をアンドロイドやiPhoneなどのスマートフォンやタブレットPCなどで行えるアプリが登場していますが、取引状況などを外にいてチェックするといったことについてはこうしたデバイスを利用するのも一つの手となりますが、成り行きで確実な取引をするためには、やはりパソコンを利用するのがもっとも安全で確実だということをこれまでの取引経験で強く実感した次第です。
まず、携帯電話でももちろんブロードバンドが登場しLTEなどはそうとうしっかりとした電波でインターネットに接続できるようになってはいますが、やはりモバイル環境では、何かの拍子に売買の取引でボタンを押した瞬間に接続がとぎれてしまったりしますと、取引上大変大きな痛手になることがあるからです。
実際に携帯で取引していた際に起こったことですが、成り行きで売却するためにボタンを押したとたんに接続が切れてしまい売却タイミングを逃し、その後どんどん価格が下がって大きな損を出してしまったことがありました。
これから取引のポジションを作ろうとして電波が切れて購入できなかったという状況であれば仕方ないとあきらめることもできますが、現実に所有しているポジションの適切なタイミングでの売却ができない事態に陥ってしまうのは、大変大きな問題となりますので、とにかく安定的に接続できる環境でパソコンで取引するのが一番間違いない取引方法であると思います。
また、最近ではMT4とよばれるトレード専門のソフトを使えるFX業者が増えており、EAと呼ばれる自動売買のソフトを実装することも可能になっています。
私自身も積極的に利用しはじめていますが、こうしたソフトは、現状ではスマートフォンやタブレットPCでは使うことができない状況にあります。
やはりこうしたメリットを最大限に活かすためにはパソコンでの取引が確実となります。
最近ではヘッジファンドなどがたくみなアルゴリズムを活かして非常に細かい取引を行うようになっており、ある意味では個人もこうした自動売買を利用していくことが大きなポイントとなります。
こうした機能を最大限に利用していくためにもパソコンでの取引が絶対的なアドバンテイジを持っているということができます。
また、リアルタイムのチャートの表示などにも大変大きなメモリ量を食うことがありますので、ハード、メモリの容量ともに十分な余力をもつPCでの取引がやはり、安心であり、安全な取引環境を提供してくれるものとなります。
恐らくこの先はアプリの開発レベルも上がり、多角的なデバイスでも利用していかれるようになったりウエッブベースでのサービスなどが提供されていくことになると思いますが、現況に関する限りは、固定PCをつかい安定的なブロードバンド環境でFX取引を行っていくことがもっとも安全な方法ということができます。
個人的にはスキャルピングの取引手法で収益を上げていますので、確実な接続環境がないとなかなか成立しないのが実情となっています。
私の場合はPC以外のデバイスによる取引はまったく考えられないことから、これからも当分パソコンを利用した取引をおこなっていきたいと考えています。

Copyright(C) 2014 為替取引.com All Rights Reserved.